So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年 日本香堂ご愛用者謝恩 爆笑寄席 [LIVE]

2年ぶりに、爆笑寄席に行ってきました~[わーい(嬉しい顔)]

日時 2013年6月12日 12:00~15:15
場所 札幌グランドホテル
出演 光岡洋 テツandトモ マギー司郎 三遊亭歌之助
    ちんぷんかんぷん 三遊亭二楽 三遊亭円楽
司会 三遊亭愛楽

受付開始は11時でしたが、会場に到着したのは11:10頃。
今回は23列目での鑑賞となりました。
お土産のエステバンとお弁当も受取り、まずはお食事タイム。
20130612 爆笑寄席 弁当.jpg
いつもの熨斗ですが、いつもと箱が違います。
20130612 爆笑寄席 弁当2.jpg
中味も全然違いました。
20130612 爆笑寄席 弁当3.jpg
裏を見たら、いつもの井泉ではありませんでした。
20130612 爆笑寄席 弁当4.jpg
どこの会社でしょうか?
そばで食べていたおば様方は「コープさっぽろのお弁当」がどうのと話されていました。
コープさっぽろの関連会社なのでしょうか?
でも、前回までのお弁当より、今回のお弁当の方が美味しかったです[わーい(嬉しい顔)]

20130612 爆笑寄席 出演者.JPG
まずは、小仲社長の挨拶から始まりました。
前に見たときまでは、小仲会長の挨拶だったのですが、
今年か去年から変わったんでしょうね。
整理券をもらうのに、朝の7時前から待ってる方がいたそうです。凄いですね!

パンフレットの演目順に一部変更があり、歌謡の光岡洋さんからでした。
気合を入れて、キラキラ光る真っ白な衣装での登場でした。
主に自身の持ち歌を歌われていましたが、初めての札幌なので、反応はイマイチでしたね[たらーっ(汗)]
(約21分)

次はギター漫談のテツandトモのお二人。
いつもの赤と青の長袖のジャージ姿。因みに1着10万円の特注品です。
ただ、テツさんは、阿倍晋三キャラで登場したため、
時間の関係でメイクは落とせず、ずっと総理のままでした[わーい(嬉しい顔)]
あちこち動き回り、たくさん笑わせてもらいました[わーい(嬉しい顔)]
そして、暑いからとおもむろに上のジャージを脱いだテツさん。
でも、中にもう一枚同じジャージを着込んでました[わーい(嬉しい顔)]そりゃ暑いですよね。
そして、「ジャージ欲しい人!」と手前の席の女性に向けて投げましたが、
紐がついていて、客席にはいかず、テツさんの元に戻りました。1着10万ですから。
でも、受け取ろうとしたその女性は、懸命に前のめりにジャンプしてたらしく、
代わりにステッカーとストラップをもらっていました。
そして、なんでだろ~で盛り上がった後、笑点のテーマ曲に合わせて顔芸をし、
爆笑の中終了しました。
(約21分)

続いて、マジックのマギー司郎さんとアシスタントの男性の登場です。
マギーさんは黄色の衣装でした。
マジックネタはおなじみのもので、以前見た時と変わっていないと思います[たらーっ(汗)]
なので、素直に反応するお客さんより、意地悪に答えるお客さんの声が大きく、
思うようにことが進まず、ちょっと困ってましたね。
(約14分)

続いて、落語の三遊亭歌之介さんの登場です。
演目は「爆笑龍馬伝」。
坂本龍馬の生誕からの話なのですが、面白いように話があちこち飛びます。
そして、爆笑を誘ったと思ったら、龍馬の話に戻りの繰り返し。
でも、とてもテンポがよくて、たくさん笑わせていただきました[わーい(嬉しい顔)]
(約21分)

ここで、第一部は終了ですが、出演者全員が出てきて、
会場の客と共に「青雲のうた」を一緒に歌うことに。
円楽さんは、まだ楽屋着の赤ジャージ姿だったため、
テツandトモのテツが二人いる状態でした[わーい(嬉しい顔)]
黄色の衣装のマギー司郎さんも一緒に並ばせて、
赤赤黄青で、どこかの国の信号機とか言って笑わせていました[わーい(嬉しい顔)]
(約7分)

10分間の仲入りを挟み、第二部はコントのちんぷんかんぷんのお二人。
俳優として、時代劇の斬られ役をしているらしく、刀を使ったコントでした。
途中、観客二人を壇上に上げて、抜いた刀を鞘に戻す対決をしたりしてました。
(約25分)

続いて、紙切りの三遊亭二楽さん。
まずは「桃太郎と犬」を切り抜き、観客からリクエストに答えました。
「三社祭」には「神輿」、
「マリリン・モンロー」には「スカートがめくれ上がる映画のワンシーン」、
「北海道」には「北海道の形のおねしょをして干した布団」でした[わーい(嬉しい顔)]
(約16分)

そして、オオトリに落語の三遊亭円楽さんの登場です。
10分ぐらいいろいろな話で笑わせた後、
長寿な方々の話をしながら、演目の「短命」へ。
美人な娘の婿養子が、立て続けに三人も亡くなった話ですが、
暗いというより、ちょっと艶っぽい話なので、会場は終始明るい雰囲気のままでしたね[わーい(嬉しい顔)]
ただ15時を過ぎていたので、帰られる人もちらほらいましたが[ふらふら]
(約32分)

そして、円楽さんが日本香堂の商品を受取り、15:15頃にお開きとなりました。
2年前は出演者も少なく、14:30には終了でしたので、
今回はたっぷりと笑わせていただきました~[わーい(嬉しい顔)]

個人的に感じた、会場内の爆笑ランキングは、以下の通りです。
1位 テツandトモ
2位 三遊亭歌之介
3位 三遊亭円楽

帰り際、誰よりも大きな声で「ありがとうございました」と声掛けをしている小仲会長のお姿がありましたね。
今回も楽しい時間をありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]
20130612 爆笑寄席 エステバン.JPG

2011年 日本香堂ご愛用者謝恩 青雲寄席 [LIVE]

今年も日本香堂さんの青雲寄席に行ってきました~[わーい(嬉しい顔)]

日時 2011年6月15日 12:00~14:30
場所 札幌グランドホテル
出演 おぼんこぼん 三遊亭好楽 三遊亭王楽 桂歌丸 
   柳亭市馬 林家二楽 三遊亭圓楽
司会 三遊亭愛楽

札幌は昼の部と夜の部があり、毎年夜の部を観覧してきましたが、
今回は初めて昼の部に行ってきました。
受付開始時間を過ぎてから到着しましたので、今回は26列目と後ろの方でした。
まずは、毎年恒例の井泉の寄席弁当をいただきました。
20110615 青雲寄席 寄席弁当.jpg20110615 青雲寄席 寄席弁当2.jpg
今回は少しエビフライが大きくなってましたね[わーい(嬉しい顔)]
でも、これだけだとお腹が空きそうなので、パンも持参しました。

そして、こちらも毎年恒例のESTEBANです。
20110615 日本香堂 ESTEBAN.JPG
「クール ド パリ」で、バラのいい香りがします[わーい(嬉しい顔)]

まずは、小仲会長さんのご挨拶から。
この寄席はいつも「爆笑寄席」ですが、今回は「青雲寄席」となっています。
東日本大震災が起き、「爆笑寄席」をやってもいいものかという思いがあったそうです。
震災後、TVのCMもACばかりになりましたが、
企業CMを復活させたのは、日本香堂の青雲が最初だったそうです。
生きている人のためのお線香とか。
で、いろいろあり青雲寄席になったようですね。

寄席は、漫才のおぼんこぼんのお二人から。
生で見るのはもちろん初めてですが、間違いなくおぼんこぼんのお二人なのですが、
なんだかしっくりきません。
なんか変だな?と思ったら、私の頭の中ではオール阪神巨人になってました[たらーっ(汗)]
両方とも凸凹コンビなので、いつの間にかごっちゃになってたようです[あせあせ(飛び散る汗)]
しゃべりだけでなく、歌を取り入れた漫才でした。
古い歌が多いのは客層によるものだと思いますが、
昨年の昭和のいるこいるさんもそうでしたし、漫才に歌というのは基本なんでしょうか。

次は、二人落語で三遊亭好楽さんと三遊亭王楽さん。
知りませんでしたが、お二人は親子でした[exclamation]
しかも、好楽さんに弟子入りしたのではなく、五代目円楽師匠に弟子入りしたので、
親子でありながら兄弟弟子だそうです。
落語は通常一人で話しますが、二人落語なので一つの演目を二人で話します。
演目は「つる」でした。
好楽さんが主人公の男を演じ、王楽さんはその他の男を。
落語なので、お互いに前を向いたままでしたが、なんだか不思議な感じでした。

そして、次は桂歌丸さんの登場です[わーい(嬉しい顔)]
冒頭で「私も被災者なんですよ」というので、どうされたのかな?と思ったら、
1月にサンドイッチを食べていたら差し歯が取れてしまい、
なかなか歯医者に通えないので、数本まとめて作り直すことにしたそうです。
で、差し歯を入れる予定だったのが3/11。
診察の最中に地震に遭い、お体は無事だったようですが、
逃げる時に完成した差し歯を踏まれてしまい、来月まで歯がない状態が続くらしく、
ちょっと喋りづらそうでしたね。
演目は「鍋草履」でした。
そうそう。歌丸さんは中三から落語を初めて、芸歴60周年なんだそうです。
すごいですね。

歌丸さんの後、またおぼんこぼんのお二人がでてきたので、どうしたのかな?と思ったら、
その他の出演者も出てきて、観客と一緒に「青雲」を歌いました。
圓楽さんはまだ着物でなく、赤いジャージ姿で、まるでテツ&トモのようでした[わーい(嬉しい顔)]
小仲会長さんが最初と最後の「青雲~」を歌うのですが、
なかなか上手くいかず、好楽さんがフォロー役を務めてました。

10分の仲入りを挟み、次は、柳亭市馬さん。
パンフレットには落語ではなく「俵星玄藩」と書かれています。
まったく知りませんでしたが、三波春夫さんの歌だったんですね。
まずは、五代目柳家小さん師匠の思い出話から。
園遊会にお付きで行ったときの、昭和天皇とのやり取りを楽しく語ってくれました[わーい(嬉しい顔)]
そして、俵星玄藩の歌へ。
歌が長いので、もう終わったかな?ってところで、司会の愛楽さんが出てくるのですが、
実はまだ続くというのを3度繰り返し、客席から盛大な笑いを取ってました[わーい(嬉しい顔)]
本当の最後には歌丸さんが出てきて、更に湧きました[わーい(嬉しい顔)]

次は、紙切りの林家二楽さん。
まずは「桃太郎」を切り抜いたのですが、
手のひらの上の黍団子まで再現されてて、完成度の高さにびっくりしました[わーい(嬉しい顔)]
この切り抜いた方をA面、切り抜かれた残りの方をBと呼んでいるそうです。
あとは客席から注文をとり切り抜いたのですが、
「お祭り」の注文には「神輿」。
「腹黒圓楽」には「圓楽さんの顔」。
「お城」には「ミッキーマウスとシンデレラ城」。
どれも本当に素晴らしくってびっくりしました[わーい(嬉しい顔)]

そして、最後は三遊亭圓楽さんの登場です。
演目は「ほうじの茶」でした。
会いたい人を念じながらお茶を焙じるのですが、
まず圓楽さんが立川談志を演じ、
そのあとは、三橋美智也・春日八郎・村田英雄を柳亭市馬さんが、
五木ひろしを愛楽さんが担当さて、それぞれ盛り上がりました[わーい(嬉しい顔)]

夜の部ですと、最後に日本香堂の商品を圓楽さんが受け取り終了しますが、
今回は昼の部でしたのでありませんでした。

それぞれの持ち時間は、小仲会長さん~柳亭市馬さんまでが約20分。
林家二楽さんと三遊亭圓楽さんは約15分で、
2時半頃に終了しました。

期待していた大喜利はありませんでしたが、
それぞれ楽しませていただきました。
今年もありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

「愛と青春の宝塚 恋よりも生命よりも」 [LIVE]

愛と青春の宝塚 恋よりも 生命よりも 公式サイト
会場 ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)
開場 18:00 / 開演 18:30
出演 真琴つばさ(嶺野白雪=リュータン) 彩輝なお(橘伊吹=タッチー)
    星奈優里(星風鈴子=トモ) 彩乃かなみ(紅花 ほのか=ベニ)
    松下洸平(オサム) 坂元健児(速水悠介) 岡田浩暉(影山航) ほか
第一幕 90分
休憩 20分
第二幕 90分

昨日、ミュージカル「愛と青春の宝塚」を見てきました[わーい(嬉しい顔)]
チケットは、サッポロドラッグストアー×伊藤園の懸賞での当選品です。
当日引き換えだったのですが、並んだ順番ではなく、
あらかじめ当選したときに座席は決まっていたようで、
150組中、当選番号が若い番号だったためか、なんと9列目で鑑賞することができました[グッド(上向き矢印)][るんるん]
1階席は9,500円なので、ペアで19,000円分です。
凄いですよね~。
早速、座席に向かうと、サツドラさんが特別協賛なので、
サツドラさんのチラシと伊藤園さんのお茶が座席に置かれてました。
20110323 愛と青春の宝塚 お土産.JPG
一般でチケットを購入した人にも全部です。
お土産つきだとは思わなかったのでビックリしました[わーい(嬉しい顔)]

2002年にフジテレビ系で、テレビドラマとして放送されたのを見ていたので、
話の流れはなんとなくわかっていましたが、
ドラマではタッチーが主役でしたよね。
でも、ミュージカル版では、リュータンが主役でした。

ミュージカルも、ドラマのように宝塚歌劇団の華やかな公演シーンからでした。
そして、汚い格好をしたタッチーが靴をリュータンに投げつけます。
お隣に座っていた婦人は、開演早々何が起きたのかと本当にビックリされてました。
客席で起きるシーンは本当に客席付近で演じられていたので、
臨場感があってよかったです[わーい(嬉しい顔)]
本物の宝塚は見たことありませんが、もっと凄いんでしょうね。

第一幕は、宝塚大劇場が閉鎖されるところまで。
第二幕は、戦地に慰問するところからでした。

内容を凝縮しているためか、はじめはわかりづらかった人物像が、
だんだんはっきりしてきました。
ずば抜けて良かったのがリュータンですね。
リュータンといえば「すき焼き」ですが、そのすき焼きの歌とダンスには圧倒されました。
宝塚といえば高尚なのかと思ってましたが、
案外クスッと笑えるシーンが多かったですね。
最初はやっぱり偉そうと思いましたが、
カリスマ性を持ちつつ、可愛らしさのあるリュータンが好きになってました[わーい(嬉しい顔)]

そして、カーテンコールのあとにはセクシーダンス(?)がありました。
もんぺ姿で終わりかと思っていたら、
出演者の皆さんが黒い衣装に身を包み、汚れた顔も化粧しなおされ、
本編では見られなかった現代風のダンス。
これはまったく想像していなかったので、サプライズな演出に楽しめました[わーい(嬉しい顔)]
すべてが終わったのは10時近くでした。
終演後、主要メンバーの方々は、ロビーで募金活動をされていたようですね。
地震のあとなので、この公演もどうなるのかと思いましたが、
札幌まで来ていただき本当にありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

安全地帯“完全復活”コンサートツアー 2010 〜 Starts & Hits 〜 「またね…。」 [LIVE]

先月の28日に、ニトリ文化ホールでのコンサートを見てきました。
とってもハイテンションで楽しいコンサートでしたが、
今月になってから、玉置さんの体調が怪しいみたいですね[ふらふら]
7日の大阪はコンサートとしてはなんとか成立したようですが、
昨日の福岡は返金するそうで。。。
奇しくも今日は玉置さんの52才の誕生日です。
熊本でのコンサートはどうなるんでしょうかね。。。

ここには札幌でのレポートを載せていませんでした。
メール送信していたレポートを、いまさらですがアップしたいと思います。

[かわいい] [かわいい] [かわいい] [かわいい] [かわいい] [かわいい]

お客さんの年齢層は、40~50代がメインでしょうか?
ちょっと高めでビックリしました。

私の席はPA卓の近くだったのですが、そのすぐ後ろは関係者席のようでした。
会場に入ってくるお客さんを、ボーっと眺めていたら、
金髪のショートカットで、ホットパンツに派手な柄タイツ姿の女性が目に入り、
「気合の入ったオバちゃんが来たなー」と思ったら、
よく見たら、なんとあの噂の奥様でした!
ちょっとお年は召されてましたが、スタイルの良さは抜群でした。
ロングヘアーでなかったので、あまり気づかれていないようでしたね。

そして、LIVEスタート。
「じれったい」など、過去の人気ナンバーが並びます。
「プルシアンブルーの肖像」では、気がつくと一人の女性がステージ手前に立っていて、
『もうはなさない はなさない はなさない。。。。。。』の歌詞の時に、
玉置さんに抱きしめられていました!
どういうこと?と思っていたら、
そのあとスタッフが先導して、少し離れた座席に戻していたので、
開演前にスタッフがその女性にお願いをしていたみたいですね。
因みに奥様は「アー!」って感じで驚いてましたが、お隣のスタッフと笑いながら見ていました。

中盤、玉置さん以外のメンバーはステージに残り演奏を続けていたのですが、
会場の左側で「キャー!」と歓声があがりました。
もしや?と思い、立ち上がって覗いてみると、そこにはスタッフにガードされた玉置さんの姿が。
ゆっくりと手を振りながら右側に歩き出し、
ここで奥様の紹介か?と期待して見ていたら、
な、なんと、いきなり奥様にブチューっとキスしたんです!!!
ちょうど2~3m離れた場所でしたので、ばっちり見てしまいました。
さすがやることが違いますね。

LIVEはその後盛り上がったのですが、
ネットでセットリストを見つけたので載せますね。

<セットリスト>

01.じれったい
02.熱視線
03.好きさ
04.プルシアンブルーの肖像
05.銀色のピストル
06.マスカレード
07.yのテンション
08.月に濡れたふたり
09.蒼いバラ

【メドレー on アンプラグド】
10.ワインレッドの心
11.恋の予感
12.碧い瞳のエリス
13.Friend
14.夏の終りのハーモニー
15.To me
16.ほほえみ
17.かあさんの歌
18.あの頃へ

19.Lonely Far
20.どーだい
21.情熱
22.We're alive
23.真夜中すぎの恋
24.夢になれ
25.雨
26.オレンジ
27.あなたに
28.ひとりぼっちのエール
29.I LOVE YOUからはじめよう
30.悲しみにさよなら

最後は会場のお客さんとの合唱で終わりました。
安全地帯のコンサートは初めてでしたが、
盛りだくさんでとても楽しいコンサートでした。

2万人の鼓動 TOURS ミュージカル「赤毛のアン」2010 [LIVE]

会場 札幌教育文化会館
開場 13:30
開演 14:00

昨日、エステーで応募のあった、ミュージカル「赤毛のアン」を見てきました。
2005年の華原朋美主演の「赤毛のアン」を一度見ているので、今回は2回目になります。

まずは、座席引換券を座席指定券に交換。
2階席の右側でした。
前回は指定券に交換したときに、ペアに1袋のお土産がありましたが、
今回は何も渡されませんでした。

開演前に会場のスクリーンにエステーの商品のCMなど流れたあと、
いよいよミュージカルが始まりました。

ストーリー的には以前とほとんど変わりませんが、
演出の仕方には変化がありました。
リンド夫人役の大和田りつこさんの存在が凄かったです。
劇中にエステー商品のアピールシーンがあったり、
(札幌ではダイアナがブドウ酒を飲んで酔ってしまったあと)
休憩を挟んで後半が始まる直前に、
「収穫祭ダンス」を会場の観客にレッスンしてくれたり。
恥ずかしそうにしている観客に対して、
「私は毎日恥ずかしいんだから」と笑わせてました。
このとき、前列の観客に「何時から並んだの?」と質問を投げかけると、
「5時から!」と男性が答えてました。
ちなみに、私は開場時間からでした。

札幌がツアー初日でした。
島谷ひとみさんは今年で4年目ですが、後半部分でとちりがちょっと目だってましたね。
主人もちょこちょこっと他の人のミスにも気づいてました。

でも、全体的にはとても良かったです[わーい(嬉しい顔)]
私は、マシュウの死に弱くて、やっぱり泣いてしまいました。
隣に座っていた女の子は死に気づかなかったようですが[たらーっ(汗)]

帰りに、一人一人にお土産をいただきました[わーい(嬉しい顔)]
参加証明書もいただきました。
20100815 エステー 赤毛のアン お土産.JPG
脱臭炭はちょうど欲しかったので、早速冷蔵庫に入れました。

「赤毛のアン」は今回で8年目のようですね。
以前は「トラップ一家物語」「トム・ソーヤの冒険」「アルプスの少女ハイジ」とあったそうです。
そろそろ新しい物語に変えてもいい頃でないのかな?と勝手に思っています。

とても楽しいミュージカルと、お土産ありがとうございました。

サッポロドラッグストアー×LION presents BILLY KING special jazz night [LIVE]

会場 ホワイトロックミュージックテント
開場 17:30
開演 19:30

昨日、サツドラで当選したチケットで行ってきました。
この時期になると大通公園に現れる大きな白いドーム型のテント。
初めて中に入りました。

まずは、会場手前の左側の受付で、座席番号の入ったコースターを受け取り、
次は右側に移って、コースターの裏にスタンプを押してもらい、
早速お土産をいただきました[わーい(嬉しい顔)]
ライブだけかと思ってましたので嬉しかったです。

会場内に入ると、スタッフの方が座席まで案内してくれました。
開演時間を過ぎて入ったのですが、ほぼ満席状態でした。
開場から2時間経っているので、観客はアルコールも入りほろ酔い状態って感じでした。
ホワイトロックの中は、なかなかいい感じでした。
ドームの天井に映写され、空調もちょうど良かったです。
私達は夕飯を済ませてたので何も注文しませんでしたが、
お隣さんの料理を見ると美味しそうでした。

程なくして日本人のバンドメンバーとビリー・キングがステージに現れ、ライブ開始。
でも、ジャズを聴いてこなかった私には知らない曲ばかりでした。。。
あとで冊子を見て知ったのですが、
今は札幌に在住していて、人気のある方だったようですね。
曲がわからなかったので、ライブコメント無しです[たらーっ(汗)]

そして、入場時にいただいたお土産がこちらです。
20100727 サッポロドラッグストアー×LION ジャズライブお土産.JPG
なんと3,000円以上購入しないともらえない応募ハガキも入ってました!
それぞれいただいたので、写真×2になります。
ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

2010年 日本香堂ご愛用者謝恩 爆笑寄席 [LIVE]

出演 三遊亭圓楽 桂文珍 昭和のいるこいる 内海英華
場所 札幌グランドホテル
時間 2010年6月16日 18:00~20:30

昨日はあいにくの雨でしたが、日本香堂さんによる、爆笑寄席に行ってきました。
4時半から整理券順に、座席表とお土産とお弁当を受け取ります。
今年は4時半過ぎに行きましたが、昨年と同じく12列でした。

まずは会場の一番奥に置かれていたテーブルでお弁当をいただきました。
20100616 爆笑寄席 寄席弁当.jpg20100616 爆笑寄席 寄席弁当2.jpg
ライトの奥でしたので、ちょっと薄暗い写真ですが、
毎年恒例の井泉のお弁当で、中身も毎年恒例です。

お土産は、こちらも毎年恒例のESTEBANで、
今回は「エスプリ ド テ」で紅茶のような香りです。
20100616 日本香堂 ESTEBAN.JPG

6時から三遊亭愛楽さんの司会で始まり、
まずは、漫才の昭和のいるこいるさんから。
なんとなく名前は聞いたことはありましたが、漫才は初めて見ました。
掛け合ってない感じの漫才は不思議でした。
そして、後半は観客に合わせて、古い歌が多かったですね。
ほとんどわかりませんでした[たらーっ(汗)]
でも、お年寄りには好評だったようです。

次は、落語の桂文珍さん。
2年前にも出演されていたので2回目です。
相変わらずゆったりとした話し方でした。
ところどころ笑いを誘うのですが、なんだか聞いたことあるお話。
スピード社の水着ネタなど、ちょうど北京オリンピックが終わった後の寄席だったので、
あの時は出来たばかりの最新の話を聞いていたんでしょうね。
それをまた聞くことになろうとは。。。[たらーっ(汗)]
でも、後半は新しい話だったので楽しく聞かせてもらいました[わーい(嬉しい顔)]

そして、次は今年も小仲会長さんの挨拶でした。
15分ほど話されていたと思います。

その後、10分間の中入りを挿み、
19:20から「三遊亭楽太郎改め三遊亭圓楽襲名記念」の口上がありました。
三遊亭愛楽さん、内海英華さん、桂文珍さん、そして、三遊亭圓楽さんが高座にあがり、
それぞれ口上を述べられました。

そして、次は俗曲の内海英華さん。
紅一点です。
この方も2年前に見ています。
でも、「どどいつ」とかやっぱりわかりませんね[ふらふら]
三味線もよくわかりませんが、かなりお上手らしいです。

最後は、三遊亭圓楽さんの登場です。
落語は五代目円楽が得意としていたという「浜野矩随」(はまののりゆき)でした。
途中、少し笑えるところもありますが、
基本的には笑える内容ではないので、客席は静かでした。
自殺を図ったお母さんは助かりましたが、
後で調べたら、亡くなってしまうパターンが多いようですね。
昨日はお披露目なので、ハッピーエンドだったのでしょうか?

今回は予定時刻の20:30で終了しました。

ツルハグループ×P&G 「こころに響く、ヒーリングライブ」 [LIVE]

出演 藤田朋子・桑山哲也
場所 ジャスマックプラザホテルザナドゥ
時間 13:00~14:45

昨日、ツルハグループ×P&Gで募集のあった「こころに響く、ヒーリングライブ」に行ってきました。
快晴で外はかなり暑かったのですが、
会場内は冷房がガンガンと入っていて、寒くて凍えそうでした[ふらふら]
でも、上着を持っていってたので何とかなりました。

まずは、司会の女性が出てきて、ツルハドラッグの人の挨拶で始まりました。
もう少しで1,000店舗になるそうですが、
懸賞はますます当たりづらくなりそうですね。。。

ライブはアコーディオンの桑山哲也さんと、ピアノの方の演奏から始まりました。
途中、藤田朋子さんが出てきて歌ったり、トークをしたりという感じです。
演奏をしている二人の曲がメインなので、ほとんど知らない曲ばかりでした。
藤田さんはミュージカルがデビューということで、伸びのある大きな声でした。
(主人によると、ちょっと音程外れてたようですが、私は気づきませんでした[たらーっ(汗)]

トークでは、ご主人との馴れ初め、
ご主人が入院されたときの話、
札幌出身であるご主人の過去のお話など、
関東ではライブをされてるそうなので、
たくさんのお話で、観客を楽しませてくれました。

14:30過ぎに本編が終わったのですが、お約束のアンコールがあり、
「見上げてごらん夜の星を」を歌い終了となりました。

アンケート記入し、お土産をいただいて帰ってきました。
20100613 ヒーリングライブお土産.JPG
これは一人分なので、二人で参加したため×2になります。
ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

2009年 日本香堂ご愛用者謝恩 爆笑寄席 [LIVE]

昨日の、札幌グランドホテルでの夜の部に行ってきました。
今回は少し早めに行ったので、9列でした。
でも、私より先に整理券をもらっていた方々は、
本当にご高齢な方々ばかりでしたね。。。

まずは、お弁当をいただきました。
毎年恒例なのでしょうか。
とんかつで有名な井泉です。
でも、今年もとんかつは入っていません。
ご高齢な方が多いからなんでしょうね。
去年の写真と見比べたら、あまり変わってなかったです。
2889766
そして、お土産はESTEBANです。
2889759
前に並んでいたおばさんに「これ1,500円もするのよ」と、
係のおばさんは言いながら渡してましたが、
私には「ハイ、どうぞ。」だけでした。
5種類あるらしく、毎年変えてるみたいですね。

そして、6時から三遊亭愛楽さんの司会で始まりました。

まずは、楽しみにしていたテツ&トモのお二人です。
おなじみの赤と青のジャージ姿で、
歌ったり、踊ったりと元気なステージでした。
今月から衣替えになったということで、半そで半ズボンでした[わーい(嬉しい顔)]
それにしても、本当に歌が上手でした!
因みに、当日札幌入りしたので、JALの混乱に巻き込まれ、
昼の自分の時間に間に合わず、堺すすむさんと順番を変えてもらったそうです。

次は、ロケット団のお二人。
初めて見ましたが、漫才(漫談?)です。
わりと面白かったのですが、
もう少し上手(カミテ)の人の声が通ると聞きやすくていいんですけどね。
でも、結構笑いをとってました[わーい(嬉しい顔)]

次は、ケーシー高峰さん
もう75歳になられたんですね。
でも、医療漫談というジャンルなんですか?
どこまでが本当で、どこから嘘なのかわかりませんが、
すごく可笑しくてみんな笑ってました[わーい(嬉しい顔)]
でも、聖路加病院の日野原先生や、
日本香堂の小仲会長のことも話題にしてしまえるのは、
この方だけなんでしょうね。

そして、小仲会長さんの挨拶があり、10分ほどの休憩となりました。

そして、第二部。
まずは、堺すすむさん
「なーんでか」のほかに、
美空ひばりさんなど、たくさんのモノマネも披露されていました[わーい(嬉しい顔)]

次は、江戸曲独楽の三増れ紋さん
ミマスレモンと読みます。
本物の日本刀を使っての技などあり、ちょとドキドキ。
話術が達者なので、失敗しても許されそうな雰囲気ありますが、
全部無事に成功させていました[わーい(嬉しい顔)]

そして、最後は三遊亭楽太郎さん
去年よりは早く出番が回ってきたように思うのですが、
予定では8時半に終了なので、押してるということでした。
そのせいか、一番持ち時間が短かった気がします[もうやだ~(悲しい顔)]
メインの落語は「新聞記事」というものだったようです。
前回は緊張されてるのか、ちょっととちりが気になりましたが、
今回は軽快な話(?)で、お客さんにも受けがよかったようです[わーい(嬉しい顔)]

そして、9時前には終わりました。
今回は、前回より間延びしていなくて良かったと思います。
出演者も知ってる人が多かったので楽しかったです[わーい(嬉しい顔)]

カーナビラジオ男組 アコースティックまつり in フィエスタ [LIVE]

昨日、アコースティックまつりに行ってきました。

 [かわいい]本日の出演[かわいい]

 [るんるん]アコギブラザーズ
 [るんるん]ザ・ハッピーウィーク
 [るんるん]星 りな
 [るんるん]ブラックビートルズ

初参加なので、ちょっと雰囲気に圧倒されましたが、
お客さんの大半はリスナーなんでしょうか?
少し年齢層高めでしたね。

バンドものには全てYASUさんが参加されていて、
たくさんの笑いを提供していただきました。
何回もやり直したり、
緊張している大森さんとかを茶化したり。
アナウンサーの関さんは、ブルースハーブがお上手でした!
かなりファンを増やされたのではないでしょうか。
ただ、メインのビートルズナンバーは、
全部知らない曲でした。。。[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]
でも、楽しいライブでした[わーい(嬉しい顔)]
メッセージを送る